Menu

セフレを作るときに気をつけたいこと

セフレを作るとき、簡単に作れてそのあと何の被害もないなら簡単ですが、場合によっては被害やトラブルにつながる可能性があるのがセフレ関係です。

1つは、パートナーにバレることです。これは、自分のパートナーかセフレ相手のパートナーかといった違いがあります。

バレて軽く口論になる人もいれば、下手をすれば殺人につながるケースもあります。恋愛に対してどういうイメージを持っているかによってトラブルの大きさは違いますが、大好きな人に実はセフレがいたとなれば、そのまま落ち込んで終わる人も少ないのではないでしょうか。

大抵の場合、強い怒りや悲しみが湧いてきて、パートナーにその感情をぶつけるか、パートナーのセフレにぶつけるか。その結果、ひどいケースでは銃で撃たれたりナイフでメッタ刺しで殺されたケースもあります。なので、大切なパートナーがいる人は、容易にセフレを作る考えになるより、寂しいならパートナーと話し合うほうが平和にまとまるでしょう。

また、周りに悪いイメージが広がるという可能性もあります。例えば、田舎のような小さなところで特に真面目な人がセフレ欲しいと言っていれば、それが周りに広がってイメージがガタッと落ちてしまう可能性もあるでしょう。それによって、家族や友達、周りの知り合いの信頼が落ちてしまうかもしれません。

ツイッターリアルタイムセフレ探し情報

普段からそういうことをふざけて言っている人は「また言ってる」程度の笑い話になりますが、普段からそういうことを言わなさそうな人がそういうことを言うと、やはりネガティブなイメージがもたれがちなので、話す相手は気をつけないといけません。また、出会っても大丈夫な人と出会うなら別ですが、出会ってはいけない人と出会う場合もあります。

例えば、出会い系サイトで知り合った人で、実際に会ってみたら知らない男性に囲まれて、殴られてお金を盗られたというケースもあります。また、セフレ掲示板などでも実際に存在しない人、いわゆるサクラと出会い、その人と連絡をし合っているうちに有料サイトに誘われ、サイトを利用させられたといったことなどがあります。

それも、自分が選ぶかどうかですが、アダルトサービスを利用していると、感情的に入り込みすぎてしまうため、相手がやりとりをしてはいけない相手かどうか判断する力が鈍ってしまいますし、素人だと相手がどういう人か、サクラという存在があることすらわからない人もいるでしょう。

なので、そうしたサイトを利用するときはどんな人に気をつけたらいいかを知り、その上でサイトを利用することをお勧めします。